インプラント治療の治療後も快適な状態を維持する

公開日時

がんばって終わらせたインプラント治療も、治療後も快適な状態を維持するためにデンタルケアを欠かさないことが重要です。

毎日丁寧にブラッシングすることによるプラークコントロールに注意を払い、さらに歯科医の検診を定期的に受け、歯科医や衛生士に指導してもらうことが欠かせません。
インプラントは虫歯にならないとはいえ、ひとたびケアの手を抜けば歯茎に異常が起こり、歯周病などにかかることはよくあります。徐々に市民権を得てきたインプラントですが、インプラントの処置後、以前と比べて息のニオイが気になるという話も歯科医院ではよくきかれます。これでは折角のインプラントが台無しです。
理由としては、インプラントと隣の歯の間などに溜まった食べ物が口臭の元となっていたり、インプラント周囲炎と呼ばれる炎症を起こしているケースもあり得るのです。自分もそうかも、と思った方は、一刻も早く、インプラント治療を行った病院に行くべきでしょう。インプラント治療を始めるとき負担に感じるのは、費用がかさむことに尽きます。

ほとんどのケースは保険適用外で、全て自由診療になることが当たり前ですから何本分の治療なのか、義歯部の材料などによってもかなり費用が違うことも確かで、自由診療のため、歯科医院によっても費用が異なることも事実です。
治療が無事終わっても、メンテナンスを受けなければならないといったことも他の歯科治療と異なります。インプラントとクラウンがどう違うかというと、自分の歯根を使えるかどうかの問題です。

差し歯は無理で、義歯が必要になっても、根のケア次第で上から冠のような形のクラウンという義歯をはめられます。

根元から歯を抜いたときの選択としては、入れ歯以外ですと、失った歯根を補うため、人工歯根を埋入するインプラント治療を検討することになります。欠損した歯を補う手段はいろいろありますが、インプラントはその中でも噛んだ感じが自分の歯に近く、どんなガムでも安定した噛み心地なのはこの治療の良さでもあります。
隣の歯の上に人工歯をかぶせるのではなく、あごの骨に根元を埋め込む形で人工歯を作ったので歯が取れる心配をしながら、ガムを噛むこともありません。


人工歯全体もどれほどガムを噛んでも傷まないほどしっかりした構造になっています。
もちろん、キシリトールガムも大丈夫です。
普通、インプラント埋入手術は日帰りです。
部分麻酔を使うため、全身麻酔になることはほとんどありません。
ただし、糖尿病や心疾患など、麻酔や出血に関わる持病がある場合は入院設備のあるところで、一晩様子を見ながら手術を行うこともあります。加えて、インプラントを支えるのに十分な骨の量がないと、埋入の前に骨移植が必要になることもあります。

自分の腸骨などを削って、移植する手術だと、大がかりな手術を入院して受けることもあります。

これらのどこかに当てはまる方は信頼できる歯科医とよく話し合った上で、治療計画を立てていってください。1本から2本の欠損した歯に対して、インプラントもブリッジも適用できますがインプラント治療では、歯茎を切り開き、あごの骨に穴を開け、人工歯根を埋め込んでその上に義歯をかぶせます。それに対し、ブリッジ治療は、義歯を橋桁と考え、両隣の歯を支柱のように削り、上からブリッジをかぶせるのです。口を開けたところを見れば多くのケースではインプラントが良いと言えます。


加えて、ブリッジ治療では、健康な歯をブリッジのために削ることを迫られる辛い面があります。

手術が成功し、義歯が使えるようになってインプラント治療が終了しても歯科医の指示に従ってメンテナンスを受けなければならずその都度、費用がかかります。多くの場合、三ヶ月に一回くらいで歯科医に診てもらうことになります。この定期検診に必要なお金は保険が適用される治療がほとんどを占めるためたいていは三千円程度に収まります。全く問題がなくても、年に1、2万円くらいのお金がかかると見積もっておきましょう。

よく耳にするようになったインプラントは、どんな治療かというと、プラント(植える)という言葉のごとく、顎骨に穴を開けて、フィクスチャーとも呼ばれる人工歯根を埋め込み、義歯を装着するものです。手間や費用は非常にかかりますが、そのぶん自然に食べ物を噛むことができますし、見た目の美しさにも優れています。インプラント治療には、歯科医、歯科技工士といった医療スタッフの熟練の技を欠かすことは出来ません。

そのくらい高度な技術がつぎ込まれた施術であり、医療費は高額ですが効果はそれに見合ったものです。高額な治療費を気にされる方もいますが、インプラント治療はほとんど全部が自費です。


保険がきけば治療を受ける方の数も増えるかもしれません。

それでも保険適用外なのはこの人工歯治療は他の人工歯を使った治療に比べて検査、土台となるあごの骨の管理、人工歯調整、手術とかなりの手間がかかるためです。土台であるあごの骨を調整し、インプラントを埋め込むことや、インプラントと周りの歯がなじんで上手く噛めるようになるまで時間もかかるので治療全体に医療費がずいぶんかかるのです。
もしこの治療が保険適用だったら、他の保険適用治療にしわ寄せが行くでしょう。